スター

小泉今日子とジャニーズの若僧のカップル、よくよく男と女SEXの相性が大事だと思うのでございます。



 なんてったってアイドル時代から40を過ぎた今日までヤリまくり、もはや畳に爪を立てて裂くほどの領域まで到達した女にとって、オヤジのテクニックの責め上げなどはいつかきた道、かって知ったる絶頂、食傷気味でございました。



 そこに若竹の出現、ただ煙が出るほどの激しい突きだけが信条、という単純な世界であっても鉄棒のシンが2本入ったような感触がなんともいとおしくかつ新鮮に感じられ、こよなく愛であげたのでございました。



 また人間40過ぎますと、いつか来る死が間近に感じられ永遠は墓にあるのではなく生きている人間の瞳にこそあることを確認するのでございまして、私という女、テクニック、甘さ、味、スケベの全てを刻印する対象を求めるものでございます。



 その意味でも20歳若僧はまたとないターゲットとなったのであります。




 自分が学んで来たものを後世に伝える、そうした美名の下でSEXを行なうことを許されたとき、その興奮は何倍も深いものとなります。



 20も年下の若鮎相手に姉であり先生であり愛人である、というポジションでSEXが出来る女の立場はこれ以上は無い、という程に至福のものであります。



 耽溺といっていい日々を過ごしているのではないでしょうか。20歳の若僧は日に10回は可能な体力を秘匿してます。



 「まぁイヤね、これで今日7回目よ、仕方ないわね、でもお食事をしてからにして、体に悪いから。」全裸の上のエプロン姿で喜々としてニラレバ炒めを作る彼女の後姿を想像出来ないあなた様は疲れすぎています。



 若僧はどんな体位で楽しんでいるのでしょうか、否まだそんな選択を許されず騎乗位を中心とした彼女のお好みメニューを喰わされる段階なのかも知れません。



 彼女とて手だれの者、極意を全て学んでしまえば他流試合でその実力を試したいと家出することとなる先読みはしてございましょう。そう安々と手の内の全てを見せる愚かさなどは犯していない筈。




 大衆がスターに望んでいるのは豪邸に住みビルを建て競走馬のオーナーになることではありません。不可能を可能にする生き方を実践してみせる、そこに大衆の喝采があるのでございます。



 シャネルやグッチのバックが買えずともヨン様に優しく抱かれる夜の夢を見れば明日も頑張れる、そんな日本のオバサンたちに20歳の若い男との夢をもう1つ加えてくれたキョンキョンは、まごう事なきスターでございます。
[PR]

by imaaigokinjo | 2008-08-28 17:54

金髪爆乳美人 >>